クロアチア旅行へ出発

持っていって便利だったもの

  • 虫よけ
  • 虫さされ薬
  • クロアチアにも売ってるものだけど日本製はやっぱりすごい!
  • 日焼け止め
  • 海外で使えるミニヘアアイロン
  • 小さくて軽いのにパワフル!カールもできて、ディナーにオシャレするのも簡単!
  • コンディショナーorトリートメント
  • シャンプーやコンディショナーはほとんどのホテルに設置されているし 現地でも安くていろいろな種類が手に入ります。
    ただ、日本人とヨーロッパ人では髪質が違うらしいのです。
    リンスインシャンプーなんかだとギシギシして気持ち悪い感じです。
    向こうは日差しも強いのでコンディショナーやトリートメントは日本から持っていったほうが無難。
    私は試供品など旅行用にとっておきます。洗い流さないトリートメントでもいいですね。

持っていけばよかったと思ったもの

  • 使い捨てフォーク、スプーン、お箸 プラスチック皿
  • スーパーでサラダやチーズなどを買ってホテルで食べる時にあればよかったなーと思ったもの。もちろんホテルで借りることもできますが、頻繁に借りるのはちょっと気が引けちゃうし・・・。スーパーで買おうと思ったら結構高かったので日本の100円ショップで買って持っていくのがいいかも。
  • 調味料
  • お寿司についてくるお醤油とかワサビとかお塩など持っていくと便利。 お塩が欲しくてスーパーを探したら安いんだけど大きな箱しかなくてほとんど残ったまま置いて帰りました(;_;)

クロアチアで何食べる?

    旅の醍醐味はやっぱり「食」!せっかく遥々やってきたのだから美味しいもの食べたい!

感覚が違う?パスタ

パスタといえば「アルデンテ」が日本では定着していますが
どうやらクロアチアはそうではないようです。
イタリアの対岸にあるクロアチアは当然イタリア料理の影響を受けているので パスタやピザを良く食べます。
    ある高級な有名レストランでロングパスタを頼んだところ
    「え?なにこれ」
    パスタ茹で過ぎじゃーないですか??
    これ、日本だったら絶対文句言われるって。
実は・・・現地の方に聞いたところ小さい頃から家庭で食べるパスタはかなりやわらかく茹でるとのこと。クロアチア人はアルデンテでなくやわらかパスタを美味しいと感じているってことですかね。
全部が全部そうではないと思うけど。
アルデンテのパスタを食べたいならイタリアのシェフがいるレストランにしたほうがいいかもしれません^_^;

感覚が違う?その2 量

クロアチア人に限らずだと思いますが、ヨーロッパ人の 食べる量は半端じゃないです。
お年寄りでさえ特大ピザを丸々ひとり1枚食べちゃったりします。
当然私の胃袋では対応しきれず・・・
レストランでは最初のスープをいただいただけでお腹いっぱいってこともありました。
    メイン料理を注文すると
    「付け合わせはポテトフライとほうれん草とじゃがいもの炒め物とどちらにしますか?」
    と聞かれることが多く
    日本のイメージではステーキの皿の上にちょこっとのっているものを想像するのですが
    メインとは別のお皿で「これが1人分???」と思える量のものが登場したりします。

↑↑↑↑↑マスがまるまる一匹(30cmサイズ!)もすごいけど付け合わせの量がすごい!この他パンも食べ放題でした(*_*; 特に地元の方がよく利用するレストランでは注意して頼みましょう!

Goods

Blog

PR

ページのトップへ戻る