ダルマチアの小さなヴェネチア

晴天率がめちゃくちゃ良い!

「フヴァール」という名前の根源はギリシアの「ファロス」(灯台)。
フヴァール島は長さ68km、幅は最大でも10kmの細長い島で、大陸と最も近い地点では5kmほど。
実際には大陸側の都市スプリットと2時間のフェリーで結ばれています。
晴天率はアドリア海で一番高く、日照時間は年間2715時間。美しいビーチに囲まれた超人気のリゾートです。

アドリア海の中継点として重要な位置にあるフヴァール島。
ダルマチアを支配したヴェネチアは、フヴァールにアドリア艦隊の本拠地を置いていました。
そのため、街の構造や建物はヴェネチアそのもの。

フヴァール島に日本人女主人の経営する宿が!

オフィシャルホームページ Hvar島苫屋 TOMAYA
Facebook Hvar島苫屋 TOMAYA とまや

Blog

PR

ページのトップへ戻る