世界遺産

ディオクレティアヌス宮殿 Dioklecijanova palača

1979年に登録されたクロアチアの世界遺産(文化遺産)。スプリットは、アドリア海に面した小さな半島にある、スプリット=ダルマチア郡の中心都市。この町の大きな転機は305年、ローマ帝国皇帝のディオクレティアヌスが退位して、サロナ近郊のスプリットに隠棲のために建設した離宮に移り住んだことである。この離宮が今日遺構として残るディオクレティアヌス宮殿である。宮殿は高さ20m以上の堅固な城壁で囲まれていた。しかし、ディオクレティアヌスの死後は寂れ、7世紀初頭までに廃墟となった。その後、中世に教会などが建てられ、宮殿跡を中心に町は発展した。スプリットには、こうした当時の遺構が残されている。

美しいエメラルドに輝く『プリトヴィツェ湖群国立公園』Plitvice Lakes

クロアチアの国立公園の一つで、ボスニア・ヘルツェゴビナ国境に近いプリトヴィツェ湖群市に位置する。滝で結ばれる階段状に並んだ16の湖が美しい景観を作り出しており、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

その他世界遺産

  • ドゥブロヴニク旧市街
  • 古都トロギル
  • シベニクの聖ヤコブ大聖堂
  • スタリー・グラード平原
  • ポレッチ歴史地区にあるエウフラシウス聖堂の司教建造物群

Blog

PR

ページのトップへ戻る