青空市場で買い物をしよう♪

わたしが日本でも海外でも、どんな街に行っても必ず行きたくなるのが市場です。
特に色とりどり、新鮮な野菜やくだものがたくさん並んでいる市場を見て歩くだけで       ワクワク気分が盛り上がります!!

098doro

(ザグレブの胃袋「ドラツ市場」)

クロアチアで生活していてよかったな~と思うことのひとつは、                   野菜やくだものが日本と比べ安く手に入ること。
特に春から夏にかけては、本当にいろんな種類の野菜やくだものが出回ります。

014doro
最近良く街角の路上の屋台でも見かけるのがラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーなど ベリー系のフルーツ、それからプラムや杏、イチヂク等です。
どれも生のものは日本ではなかなか見かけませんし、売っているとしてもちょっと高いですよね。。。!

010doro
クロアチアではラズベリー1パック(200gくらい)7~10クーナ、                    ブルーベリー1パック17~20クーナ、そしてプラム1キロ(!)10クーナ程度と           とってもお手ごろな価格で手に入るので、毎日モリモリ食べられます。

また夏の風物詩スイカもクロアチアでよく食べられています。                    それにしても、クロアチアのスイカはデカイ!                               1キロ3~7クーナあたりで売られているのですが、まるまるひとつ買って持って帰るのが大変なので、スーパーでも市場でも、たいてい半分やそれ以下に切ってもらいます。              (最近は特価で1キロ2クーナでよく売られているので                          わが家は毎日スイカの食べ放題をしています)

dobromarket2
日本ではほとんどの場合、野菜やくだものはひとつ●円、1パック●円という単位で        売られていますが、基本的にクロアチアでは1キロ●円という                     重さを基準に値段がつけられています。                                 (ベリーなど、やわらかい果物などはパックに入れて売られていることもありますが)
なので、食べたいものを食べたい分だけ自分で選んで買うことができるのです!

例えば今が旬のトマトが食べたいとき。
同じ市場内でもいろんな所で売られているので、値段、品質、売り手の人の雰囲気などをチェックしながら品定めをします。
この際、買う前に品物をよ~く品定めしてください!

dobromarket

自分で選ばせてくれるところもありますが、
単に「これください」と伝えると
お店の人が適当に選んで袋に入れてくれます。

・・・で、中にはかなり痛んだものを入れられることが。。。
半分くらいが痛んでいて、持ち歩いている間に袋の中が汁だらけに。。。なんてことも。

大抵、他と比べて値段が安いところで買うと
痛んだ野菜、くだものを入れられる確立が高いです。

値段だけでなく、積み上げられている品物をよく観察しましょう。
正面側には新鮮できれいなものを並べているのに、うしろ側の見えにくいところに痛んだものを隠していることもあるので、そっとうしろ側にまわってチェックすることもお忘れなく。

dobromarket3

また袋に入れられている途中もよく観察して
あまりにもひどいものは「これちょっと換えてもらってもいいですか?」と
お願いすると「あ~ごめん、ごめん」と交換してくれることが多いです。
さて「ここで買おう!」と決めたら
「●●グラムください」
「半キロ分ください」
「1キロ分ください」とほしい量を伝えます。
また、トマトが3つだけほしい時は「3つだといくら?」と聞くと量って計算してくれます。
また予算があるときは「●クーナ分ください」とお願いすることも可能です。

079dobro

(ザグレブのカフェ通り「トゥカルチチェバ通り」)

クロアチアの街はどのこもこぢんまりとしていて                             首都のザグレブであっても半日あれば主要な観光スポットはすべて徒歩で回りきれます。  そんな街の散策のお供に、市場で買った新鮮なくだものをぜひ・・・♪