クロアチア人にとって人生にかかせないものは?

クロアチア人の人生にとって欠かせないもの3つ。。。なんだと思いますか??色んな答えがあると思いますが、ジョークでよく登場するのが下の3つ

■コーヒーとお酒(お酒まで数えると4つになっちゃいますね・・!)

■タバコ

■サッカー

クロアチアのどの街にいっても目にする光景は、カフェで昼間からおしゃべりにふけっているたくさんのクロアチア人。ザグレブの中心地はそこら中カフェだらけです。特に最近はようやく待ちに待った春がやってきて、ぽかぽかとした最高のお天気とおしゃべりを存分に楽しもうと、外の席はザグレブっ子で溢れかえっています!

IMG_20140313_141816

しかも、学生やおじいちゃん、おばあちゃんだけではなく働き盛りの年代の人たちまで昼間からカフェで入り浸っているので「クロアチア人って一体いつ仕事してるんだ?」と不思議に思ってしまうほど。クロアチア人にとって友だちとのはカフェでのおしゃべりは生活に欠かせないもの。

旧ユーゴスラビアのチトー大統領も「ユーゴスラビアでは誰しもが、勤務中に一杯のKavaを楽しむ権利がある」(“いくら忙しくても、コーヒー一杯をのんで息抜きできるくらいの労働環境が保障されるべきだ“という意味です)」と言ったのだとか。

IMG_20140313_144023

そんなクロアチア人にとって欠かせないKava(「カヴァ」クロアチア語でコーヒー)ですが、クロアチアの人たちが愛するコーヒーには大きくわけて2つのタイプがあります。

エスプレッソとトルココーヒーなのですが、カフェで飲むのはエスプレッソ、家で飲むのはトルココーヒーというのが一般的です。エスプレッソの本場イタリアが近いせいか、カフェで飲まれるのはドリップ式のコーヒーではなく、もっぱらエスプレッソ。

エスプレッソは苦手な私は、いつもエスプレッソにミルクをたっぷり足したKava s mljekom(Coffee with Milk)を注文します。

074

(ザグレブのカフェ通り「トカルチチェバ通り」)

クロアチア人曰く、「アメリカや日本のコーヒーは薄い!」んだとか。。。たしかにクロアチアでコーヒーを毎日飲んでいると、日本に帰って久しぶりにカフェのコーヒーを飲むと慣れるまでなんだかちょっと物足りないような気がします。

ちなみに・・・ですが、クロアチアにはスターバックスがありません。私はクロアチアに来た当初、「こんなにコーヒー好きの国にスタバがないのはなぜ?」と少し不思議に思いました。うわさでは、数年前に一度スタバのクロアチア進出の話が持ち上がったそうですがそのまま立ち消えになってしまったのだとか。

081dobro

スタバのクロアチア進出が実現しない理由は色々あるようですが、周りのクロアチア人は以下のような分析をしています 笑

1) コーヒー一杯8~12Kn(約140円~220円程度)が相場の国で、西欧諸国と同じ値段でスタバのコーヒーを販売しても高すぎて売れない。

2)クロアチア人にとって、コーヒーは話をしながらカフェでゆっくり座って飲むもの。日本やアメリカのようにテイクアウト形式のコーヒーはおそらく流行らない。(クロアチアのカフェでも、テイクアウトはできますが、テイクアウトをする人は稀です)

3)スタバのコーヒーを飲んだことのあるクロアチア人曰く「スタバのコーヒーは薄い。何杯飲んだって、あのコーヒーじゃ目が覚めないわよ!」。アメリカンスタイルのコーヒーはクロアチア人にってパンチが弱いみたいです。

ザグレブに1軒くらいできれくれないかな~なんて思っているのですが、いつか実現する日はくるのでしょうか・・・。

016

(テラス席が大好きなクロアチア人。ちょっと肌寒くてもへっちゃら、お天気の良い日は「今日はちょっと寒いね~」なんて言いながら、何時間でも外に座っています)

一方、家で飲むのはトルココーヒー。日本ではあまり馴染みがないトルココーヒーですが、クロアチアやお隣のボスニア、セルビアなどバルカン半島からトルコなど、中東にかけて広く愛飲されています。

我が家でも(私は毎日も飲みませんが。。。)みんな、朝起きたらまずはトルココーヒーを沸かして1日をスタートさせます。「トルココーヒーを飲まなきゃ1日が始まらない!」とでもいう様子です。

次回はそんなトルココーヒーについてご紹介したいと思います♪