「クーナ」に出会いました!!

なんだかすっかりしないお天気が続いていたザグレブですが、一昨日あたりからまた青空が戻ってきました!久しぶりに空の下を気持ちよく自転車で走っていたのですが、携帯電話がなったので自転車を空き地に止めることに・・・話が終わってさぁ行こう!と思った時、足元をガサガサっ・・・!となにやら小さくてすばしっこいものが横切っていきました。
「なんだ?!」と思い目を凝らすと、なんとかわいい茶色いテンが草の上を必死で走っていたのです!
.
かわいそうに、大きなカラス3羽が小さなテンを捕まえようと追いかけていたのです。
ここ最近ザグレブでは道端の雑草を刈る光景をよく見かけますが、あたりはきれいさっぱり刈られてしまったので、隠れるところもなく右往左往にテンは必死に逃げ回っていました。
20140520_180537
(残念ながら、一瞬の出来事だったのでテンの写真は撮れませんでした)
あぁ・・・捕まってしまう!とハラハラして見ていたのですが、テンは草むらにぽつんとある背の低い木の中になんとか逃げ込むことができました。
ですが、カラスたちはあきらめることなく、じっと近くの塀の上にとまって待っている様子。
できることなら助けてあげたい、家に連れて帰ってあげたいくらいなのですが、どうしようもありません。。。
頭の良いカラスのことなので、あのテンはうまく逃げ切ることができるのかなぁ。。。とすごく気になりながらも、しばらく様子を見守ってからその場を立ち去りました。
.
ザグレブではこのようにたま~にテンが出没するのですが、最近ではテンもあまり見かけなくなったそうです。帰って家族に「今日帰り道にテンを見たよ!」と話をすると「へぇ~。ザグレブに10年以上住んでるけど、テンは見たことないなぁ~」とちょっとうらやましがられました。
kuna-lesna
(こんな感じの可愛らしいテンでした! 写真の出典:Media Nauka
ちなみに・・・ですが、ザグレブではハリネズミも時々出没します。
ハリネズミはテンと比べると出会える確立は高いよう。家の庭でもたまにハリネズミ君がのそのそ歩いているのを、家族が何度か目撃しています。私もいつハリネズミ君に会えるかと楽しみにしているのですが、ご縁がないのか、なかなか出会うことができません。。。
.
そのかわりに去年の春にはもぐら(の穴)を見ることができました!
ある朝起きると、庭のあちらこちらにボコボコと・・・!
家族は「庭が荒らされた!」と怒っていたのですが、私はもぐらの穴なんて、写真やテレビ以外で見たことがなかったので興味津々、いつもぐら君が顔を出すのかとしばらく穴を遠くから見張っていたのですが、ついにそのお顔を拝見することはできませんでした。。。残念!
1302
ところでクロアチア語でテンは「クーナ」と呼びます。
「あれっ?クーナって、クロアチアのお金も”クーナ”だよね」とピンときたクロアチア通の方!
そうなんです。クロアチアの通貨である「クーナ」とは動物のテンが語源なのです。
.
どうして”クーナ”と呼ばれるのかというと、それは昔クロアチアではテンの皮がお金代わりに使われていたからなんだそうです。あんなにかわいいテンの皮を。。。と考えると、ちょっと気が引けますが・・・^^;。
.
ところで、クーナ紙幣と硬貨の種類は以下の通り:
1000kn、500Kn、200Kn、100Kn、50Kn、20Kn、10Kn、5Kn紙幣
コインは25Kn、5Kn、2Kn、1Knのコイ ンがあります。
また、1クーナより小さい単価のコインは「リッパ(Lipa)」といい、
50Lipa、20Lipa、10Lipa、5Lipa、 2Lipa、1Lipaがあります。(1クーナ=100リッパ)
20140522_015959
(コインに描かれた動物・・・よ~く見ると、”クーナ(テン)”です!)
.
ザグレブっ子に聞いても「見たことがない!」という幻のお金が5Kn紙幣と25Knコイン。
私も実際にみたことがありません。
中には「えぇ!?5クーナ紙幣や25クーナコインなんてあるの?!」と存在自体知らないザグレブっ子も。それくらいレアなのです。
.
いつか5クーナ紙幣や25クーナコインに出会うことがあれば、使わずに保存しておこうと思っています。それにしても、あのテンのことが気がかりです。。。
今日もテンがいた場所を通ったときに周りをちらちらっと確認しながら通ったのですが、姿はありませんでした。(そりゃそうですよね。。。)無事に逃げ切ってくれたならいいのですが・・・。