秋のクロアチアで食べたいもの

もう8月も終わりですね。
ザグレブでは早くも遠くの方から秋の足音が聞こえてきました。
8月の半ばくらいから急に朝晩冷えるようになり、ここ2週間は日中でも夏服だと肌寒いほど。まだTシャツ1枚で頑張っているザグレブっ子もいますが、ほとんどの人は薄い上着を羽織ったり、徐々に秋の装いを始めています。
005
秋の装いを始めだしたのはザグレブっ子だけではなく、街角の木々も同じ。
ズリニェバッツ公園では落ち葉が目立つように。
晴れた日の空もどこかひんやりと透明感のある、秋の空になってきました。
.
スーパーでは8月に入ってからスイカの特売がしょちゅう行われており、1キロわずか0.99クーナ(約18円)なんて時も!暑い時は喜んで毎日のように食べていましたが、涼しくなってからはスイカを欲する気持ちがうすくなってしまいました。スイカは体を冷やすと言われていますが、気候によって自然と体が欲する食材が変わってゆくのを感じます。
IMG_20140828_203152
暑い日はドラツ市場でキュウリやトマトなど夏野菜をたくさん買って毎日のように食べていましたが、最近はそんな夏野菜を食べる頻度も少なくなってきました。
そのかわり、最近「食べたいなぁ~」とよく頭に浮かんでくるのが栗やかぼちゃ、さつまいもなど、ホクホクした冬野菜、そしてなぜかキノコ。まだ旬には早いかもしれませんが、スーパーではちょこちょこ見かけるようになってきました。
.
去り行く夏はとっても名残惜しいですが、食欲の秋がやってくる!と思うと「寒いのは嫌だけど、秋もいいか・・・!」と思えるように・・・ 笑
.
クロアチアの秋の味覚の代表といえば「栗のスイーツ」そして「トリュフ」。
ザグレブでも秋になると街中のケーキ屋さんで栗のケーキをみかけるようになります。「栗のケーキ」というとモンブランを想像する人が多いと思いますが、クロアチアでよく食べられている栗のケーキはモンブランとはちょっと違います。
179
写真はザグレブで有名な老舗ケーキ店Vincek(ヴィンツェック)の栗ケーキ。
見るからに”栗”でとっても可愛いです♪
「ケーキ」といっても、栗のピューレを固めて作ったお菓子で、日本の栗きんとんに近い味がします。おいしいですが、かなり食べ応えがあるので、2人で半ぶんこするとちょうどいいかもしれません。
171
「栗のロールケーキ」なるものもよくみかけますが、要は同じ。栗ピューレとクリームをロール状に巻いたボリューミーなケーキです。
.

秋から冬にかけてスーパーでも栗のピューレが売られているのですが、「栗スイーツが好きで好きでたまらない!」という友人が大きな栗ピューレのパックを買ってきて、それごとスプーンですくって食べているのを見たときは衝撃的でした。私も栗は大好きですが、あの独特の甘さとこってり感のある栗のピューレをスプーンでがっつりすくって幸せそうに食べている様子に、栗スイーツへの深い愛を感じました ^^;笑

.
そして美食好きにはたまらない、トリュフ料理!クロアチアのイストラ半島は知る人ぞ知るトリュフの名産地、しかも珍しい白トリュフが採れる地として知られています。あと1ヶ月もすれば、トリュフ狩用に訓練された犬を連れて森に入るトリュフハンターたちが、ぞくぞくとイストラ半島に集まってきます。
truffle-hunting

TRAVEL+LEISURE

そんなイストラ半島では9月中旬頃から11月のあたま頃まで、毎週末「トリュフ祭り」なる贅沢なイベントが開催されます。イベント会場ではトリュフ製品が買えたり、トリュフ料理を食せたり・・・と、まさにトリュフ尽くし!私はまだ行ったことがないのですが、せっかくクロアチアに住んでいるのだから、一度は行ってみたいなぁ~と思っています。
まだ栗のケーキやトリュフの時期まで少し早いですが、今から楽しみです♪

.

<Vincekのお店情報>
住所: Ilica 18 – Zagreb
電話: 01/483-3612
営業時間:  8:30 – 23:00,(日曜・祝日は休業)
カテゴリー: FOOD