「ドマチ」にこだわるクロアチアの人々

先日、ダルマチア地方出身の友達が「母さんがオリーブオイルを大量に送ってきて・・・たくさんあるからお裾分けするね」と、自家製のオリーブオイルをプレゼントしてくれました。

DSC_0264

なんでもその友達の実家にはちょっとしたオリーブオイル畑があるらしく、お母さんが毎年オリーブの実を摘んでは、自家製のオリーブオイルを作っているそうです。

オリーブの収穫時期は秋。あと3ヶ月程もすれば今年の収穫時期を迎えますが、去年ものもがまだまだたくさん残っているのだとか。

毎年結構な量が取れるそうで、ちょっとした商売ができそうですが、商業化することは考えていないとのこと。「余ったらいつも、もったいないなぁ~と思うけれど、ビジネスをするのは荷が重過ぎる」のだそう。そんなワケでいつも「いいの、いいの~。いっぱいあるいから持っていって」とくれるのですが、そこらのスーパーで売っている“賞を取りました!”とかなんとかのラベルが付いているオリーブオイルよりもずっとずっとおいしいのです!とても風味豊かなのに、青みやクセがなく、とっても食べやすいのです!

DSC_0265
この話を家族にすると「そうでしょ。やっぱり“ドマチ”のオリーブオイルが一番なのよ!スーパーで売っているのは大量生産クオリティーが良くないし、市場で売っているんは混ぜ物をしてるかもしれないんだから。」(※あくまでも個人の意見です)と、いつもの如く「ドマチが一番!」を力説し始めました^^;

「ドマチ」とは「自家製」という意味。クロアチアでは、特に年配の方はオリーブオイルをはじめ、食べ物はなんでも“Domaci(ドマチ)”が一番だと信じて疑いません。「ドマチ」のはちみつやオリーブオイル、プロシュートやラキヤを手に入れた日には、「いい買い物をした♪」とクロアチアのママたちはご満悦です。

一般的に「ドマチ」の食材は作り手から直接購入するため、コネがないとなかなか手に入れることができません。クロアチア人曰く「良いコネを持っていたら、スーパーや市場じゃなかなか見かけないようなおいしくて高品質のものが安く手に入る。それが“ドマチ”」なんだそう。
なので、「良い“ドマチ”の食材を手に入れられる」=「良いコネを持っている」ことを意味し、「うちにはおいしいドマチの食材がある」というのがクロアチアのママたちの自慢のひとつなのだそう。

257

(スーパーやお土産屋さんで売られているオリーブオイルもおいしいですよ!)

スーパーで売られているオリーブオイルにも、もちろんおいしくて高品質なものはたくさんあります!ですがもし機会があれば、現地でできた知り合いなどから情報を集めて、ぜひクロアチアのドマチ食材を手に入れてみてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: FOOD