もうすぐイースター

DSC_0581

春が少しずつ近づいてきました。ザグレブでも桜が咲きはじめ、お花屋さんには黄色いスイセンやミモザの花も並び始めました。長かった冬もそろそろ終わり・・・。もう春はすぐそこです!

今年のイースターは3月27日!

クロアチア語でイースターはUskrs(ウスクルス)といい、カトリック教徒の国であるクロアチアでは、クリスマスと同じくらいとても重要な日。

キリストが十字架に架けられて亡くなった3日後に復活したことを祝うイースター。クロアチアではクリスマスと同じように家族みんなが揃ってお祝いする日で「今週の金曜日から来週の月曜日にかけて約4日間ほどの連休を取り里帰りする」と、たくさんの友達がイストラやダルマチアにいる家族の元へ帰るためにザグレブを発ってゆきました。

DSC_0020

先月半ば頃からスーパでは、チョコレートのイースターバニーやイースターエッグがたくさん売られており、最近はカラフルに色が付けられた卵も並びはじめました。

ところで、どうしてイースターに卵・・・なのか、不思議に思いませんか?

それはキリストが復活したことと、ひよこが卵から生まれることを結びつけたことに由来するのだとか。卵をキリスト復活のシンボルとしたそうです。

このようにイースターに欠かせない卵。今週に入ってからはあちらことらのスーパーで大量の卵の特売も開始され、40個入りくらいある巨大なパックを買ってゆくお母さんたちの姿をよく見かけます。あんなにすごい量の卵、どうやって食べきるのか・・・と毎年不思議で仕方がありません。

DSC_0002

(カラフルなイースター用の卵)

うちには小さな子供がいないのでイースターエッグを作る予定もありませんが、卵に色を付けたりペイントを施したりして楽しむ家庭もたくさんあるようです。

イースターが終わると、いよいよヨーロッパに本格的な春が訪れます。今から本当に待ち遠しいです・・・!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村