シュトゥルクリを家で焼いてみました

最近なぜか無性にシュトゥルクリが食べたくてしかたがない私。

シュトゥルクリとは「ザグレブ風ラザニア」と表現されるザグレブ近辺の伝徒的な料理。薄く伸ばしたパスタ生地の中にチーズなどを入れて焼き上げ(または茹で上げ)ます。

以前までそれほど好きな食べ物でもなかったのですが、ザグレブのシュトゥルクリ専門店La Strukで食べてから、すっかりお気に入りのクロアチア料理となってしまったのです。

同じくLa Strukのシュトゥルクリ・ファンの日本人の友達と「一緒に食べに行こうね」と約束をしていたのですが、なかなか予定が合わず数日が過ぎてしまいました。

「友達と一緒に行くのだから、それまで我慢がまん・・・」と思いつつも、頭の中はシュトゥルクリでいっぱい!

何かを「食べたい!」と一度思ったら、それを食べるまで、その食べ物が頭から離れない悪いクセが出てしまいました^^;

さすがに友達を裏切ってひとりでシュトゥルクリ屋さんに行くのは気が引けるので「それなら家で食べよう!」と思い立ち、早速スーパーへ。

strkli (1)

でも、シュトゥルクリを一から自分で作るのは難しそうなので、冷凍のシュトゥルクリを買うことにしました(笑)

やっと辿りついた念願のシュトゥルクリ!

すぐにでも食べたくて、家に帰って早速作ることにしました。

strkli (2)

茹でたシュトゥルクリより焼いたシュトゥルクリが好きなので、オーブンで焼くことに。

箱を見ると「オーブンで30分」と書いているので、さっそくオーブンを温めて中へ入れました。

strkli (3)

わくわく待つこと30分。

「念願のシュトゥルクリにやっとありつける!」とニヤニヤしながらオーブンをオープン!

でも焼きあがったシュトゥルクリを見ると、想像していたものと違って固まってしまいました(笑)

strkli (4)

箱の絵の「パイのようにサクサク、中はチーズでしっとりのシュトゥルクリ」と程遠く、見るからにカリッカリに焼きあがってしまいました。オーブンの熱さも時間も説明通りにしたはずなのになぜ・・・!?

「まるでピザの端っこみたい・・・」とがっくし肩を落としながらも、食べてみることに。

モチモチ、チーズの風味がたっぷりのお店のシュトゥルクリとは程遠いですが、おいしくいただくことができました^^

これでしばらくはシュトゥルクリのことが頭から離れそうですが、でもやっぱりお店に食べに行ける日が待ち遠しいです~♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: FOOD